レンタカーを500円で スノボの雪焼け対策

色白が教えるBBQ(バーベキュー)の日焼け対策!

スポンサーリンク

日にあたると皮膚がピリピリ→真っ赤に→発熱という経過をたどるコトーです。

そろクマ
そろクマ

もはや、それはアレルギーなのでは・・・

春~夏にかけてはBBQシーズン!

誘われて参加する!という人も自分が主催者として家族や友人とBBQ!という人もいらっしゃることでしょう。

しかし、忘れてはならないのが「日焼け対策」。

私のようなタイプの方だと日にあたればひどい目にあいますし、そこまでではなくてもシミやたるみ、老化の原因になりますからね。。。

では、BBQの日焼け対策を紹介します!

スポンサーリンク

BBQの日焼け対策に必要なアイテムはこの5つ!

        

  1. つばの広い帽子
  2. 首に巻くタオル(スカーフ)
  3. 日焼け止め
  4. 長袖パーカー
  5. (場合によって)タープ

つばの広い帽子の選び方とおすすめアイテム

頭頂部と顔を守るアイテムです。

そろパンダ
そろパンダ

サンバイザーは一番大事な頭頂部を守れないので絶対NG!

あんまりつばの広い帽子だと所謂「女優帽」になってしまい、BBQにはあまりそぐわない雰囲気を醸し出してしまいます。

コトー
コトー

ある程度の空気は読むようにしています・・・

日にはなるべく当たりたくないけれど、それなりにアクティブ&スタイリッシュに見えるもの!

ということで、おすすめはこのあたりです。

洗濯もできるため、BBQで臭いが付いても大丈夫!
顎ひも付きなので風が強い日にも安心です。

もう少しBBQぽいものだとこういうタイプもおすすめ。

2つ目のタイプはメンズの方でも使用できますね。

首に巻くタオル(スカーフ)の選び方とおすすめアイテム

首に巻くタオル(スカーフ)に選び方も何もないのですが・・・

・落とさないように前で結べる長さであること
※長すぎるとBBQの際に邪魔なので注意です。
・素材は汗を吸いやすいものにすること

こういう綿タイプのバンダナが一番便利です。

特に見た目を気にしないのであれば、普通のスポーツタオルを首に巻いてもGOODです。

日焼け止めの選び方とおすすめアイテム

BBQではSPF50、PA+++又は++++の強いタイプを選びましょう。

コトー
コトー

お好みで選んでいただいて構いません!

私が愛用しているのはアリィーのUVジェル。

少しお値段はするので、顔、首筋など焼けやすいところに集中して使用します。

足の甲や手などはこちら。

本当に着け心地が軽くてつけている感じがしないほどなので、使いやすいですよ!!

長袖パーカーの選び方とおすすめアイテム

長袖パーカーは指穴付きのパーカーをおすすめします。

それは・・・

手の甲の日焼けも防げるから!!!

そろクマ
そろクマ

そこまでしてBBQに行くのか・・・

なるべく日にあたらないに越したことはありません。

また、海辺や川辺など濡れる可能性があるBBQではラッシュ素材がおすすめです。

コトー
コトー

水に濡れてもすぐ乾く素材です

夏の暑い時季に羽織っていてもそこまでストレスは感じない冷感素材に近いものなので、真夏のBBQでも使用しやすいはずです。

★メンズ

★レディース

タープの選び方とおすすめアイテム

キャンプをしながらBBQをする場合や、河原・海でBBQをする際にはタープがあると日陰を作ることができます。

このタープはAmazonのベストセラー。

設営も簡単、UVカット、高耐水のコスパ最高のアイテムです。

私は誘われていくことが多いのでタープは持っていませんが、キャンプをしながらBBQをした際友人がタープを持ってきていて感激しました。

コトー
コトー

夏場のBBQでも日差しが当たらない!!!!

BBQをよくするようになったら、購入してもいいかな~なんて思っています。

スポンサーリンク

まとめ

BBQの日焼け対策について書きました。

必要なアイテムはこちら。

        

  1. つばの広い帽子
  2. 首に巻くタオル(スカーフ)
  3. 日焼け止め
  4. 長袖パーカー
  5. (場合によって)タープ

最後に、私がBBQで最も好きな食材は焼きおにぎり(味噌味)です。

コトー
コトー

ぜひお試しを

日光と上手に付き合って楽しいBBQを!

以上、コトーでした。

★帽子

★タオル(スカーフ)

★日焼け止め

★長袖パーカー

(メンズ)

(レディース)

★タープ

レビュー
スポンサーリンク
この記事が気に入ったらシェアしてね!
コトーをフォローする
そろログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました