レンタカーを500円で スノボの雪焼け対策

島民の方に聞いた利尻島で外せないおすすめグルメ3選!

スポンサーリンク

北海島の北側に浮かぶ利尻島のおすすめグルメを紹介します!
利尻島といえば、昆布やうになどが気になるところですが・・・?

島民の方にもリサーチしてみた、おすすめグルメ3選です!

スポンサーリンク

第3位:利尻ラーメン味楽

利尻らーめん味楽 本店 (利尻町その他/ラーメン)
★★★☆☆3.50 ■予算(昼):¥1,000~¥1,999

日本一来店が困難なラーメン屋とも呼ばれる利尻島のラーメン店。
北海道のみ対象のミシュランガイドにも選ばれた実力派のお店です。

通年、フェリーの就航がある鴛泊フェリーターミナルではなく、夏期のみフェリーが就航する沓形フェリーターミナルの近くに位置しています。

このお店は焼き塩醤油ラーメンが人気です。

利尻昆布をふんだんに使っているので、昆布の出汁が効いた絶妙なスープと、ちぢれ麵が楽しめるそう( *´艸`)

このお店ももちろん島の方にお勧めしていただいたお店なのですが、

「美味しいです。ただし・・・

新横浜のラーメン博物館でも食べられます(笑)

とのこと。

ラーメン博物館HP(味楽)→
http://www.raumen.co.jp/shop/rishiri.html

「利尻らーめん味楽」では利尻産の利尻昆布をふんだんに使用しております。利尻昆布は利尻産以外でも礼文産、稚内産などが存在しますが、利尻産がもっとも高く取引されています。しかし、利尻産の昆布の大半は、京都や大阪の昆布問屋や料亭がまとめて買い付けているためほとんど市場に出回っていません。「利尻らーめん味楽」が利尻産の利尻昆布をふんだんに使用できるのは店主 江刺家さんの親戚が昆布漁をしており、通常価格よりかなり安価で仕入れることが出来るためです。利尻昆布の魅力を余すことなく味わえるラーメンをぜひお召し上がりください。

新横浜ラーメン博物館HPより

ラーメン博物館は横浜市港北区新横浜2-14-21にあります。

東海道新幹線の新横浜駅、横浜市営地下鉄ブルーライン新横浜駅、JR横浜線新横浜駅が便利です。

この、通称「ラー博」に近かったり、行く機会がありそうだったりする方は、1位、2位のお店に行ってみるのも手かもしれません。

でも、日本一来店が困難なお店味楽本店で絶品ラーメンを食べてみるのもまたいいですよね( *´艸`)

スポンサーリンク

第2位:愛す利尻山

食事ではないのですが、利尻島限定のアイス、「愛す利尻山」がおすすめです!

利尻島限定アイス!愛す利尻山が食べられるお店まとめ
〇〇限定に弱い・・・という方も多くいらっしゃるかと思いますが、実は自分もその一人。。 利尻島の宿の方に美味しいのでぜひ...

アイス+乾燥ウニ+利尻昆布+昆布塩 というなかなか刺激的な布陣ですが、よーーーくまぜて粘りを出して一口いただくと・・・

クッキー&クリームの味がします!!!!!!

食べる前は美味しいのか半信半疑だったんです(笑)
島の人のおすすめするグルメは必ず旨いと知っているのですが、これは半信半疑でした。

でもやっぱり美味しかったですよ( *´艸`)

利尻島限定アイス!愛す利尻山が食べられるお店まとめでも紹介していますが、島内に食べられる場所は2か所あります。

スポンサーリンク

第1位:グランスポット

お店の名前からは何を提供するお店かわからないのですが・・・

このお店のおすすめは、「ホタテカレー」

利尻島のグランスポットはホタテカレーが絶品
利尻島のペンション群林風のシェフに教えていただいたグルメスポット。 ホタテフライカレーが一押しとのことで食べてきました...

利尻島の北側、鴛泊港フェリーターミナルの近くです。
徒歩で行くと鴛泊港フェリーターミナルから1km弱、10分ほどかかると思います。

駐車場もあるので、レンタカーでのアクセスがおすすめです!

このホタテカレー、スポットログをご覧いただければ詳しくそちらにも書いありますが、とにかくホタテがぷりぷりで絶品です( *´艸`)
お値段は1200円で、ホタテのフライ(かなり大きい)がカレーの上に5つ乗っています。

このカレーもまた、ホテル系のトロトロとしてスパイスの効いた辛口のルーで美味しいのです。

お店への入りにくさというものはありませんが、自分が入店した時、島民の方が半分以上だったのは驚きました(笑)
ただ、それだけ地元の方からも愛される素敵なお店なのだと思います。そういうお店は美味しいお店が多いですね!

関東にもあれば通っちゃうかもな・・・と思うくらい美味でした。

スポンサーリンク

うに丼のおすすめはされなかった

訪れた月は6月で、ウニの旬を迎えている季節だったのですが、ウニ丼のおすすめはされませんでした。
そのため、この記事でのおすすめグルメ3選からは除外しています。

利尻島に1泊すると夕食にウニがふんだんに出てくる・・・というのが、その理由かなと分析しています。

どの島でも、自分がおすすめのグルメ、ありますか?と聞くのはお宿の方なのですが、利尻島で宿泊したペンションでは夕食に美味しいウニをふんだんに使ったお料理がたくさん出てきました。
このため、お宿の方はウニを除外して利尻島の幸が楽しめるお店を教えてくださったのかなと思います。

食べログなんかで見ていても、ウニ丼が美味しそうなお店もありますので、宿泊しない方はこちらを参考にしてみてもいいですね!

スポンサーリンク

まとめ

島民の方もおすすめする利尻島のグルメ3選をご紹介してきました。
利尻島はやはり、海の幸が美味しい離島だなと思います。

利尻島旅行の際の食事の参考になりますように!

一人旅
スポンサーリンク
この記事が気に入ったらシェアしてね!
コトーをフォローする
そろログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました