レンタカーを500円で スノボの雪焼け対策

【絵本レビュー】3歳頃に読んでいた絵本とちょっとした感想

スポンサーリンク

そろログの絵本レビュー連載、管理人コトーが3歳頃に読んでいた絵本と、大人になってもその絵本について覚えていることや当時の感想などをまとめていきます。

ストレス発散=読書というくらい今でも本を読むことは好きですが、幼いころは文字通り「本の虫」でした。

凡例
楽しいストーリー わぁ!と面白い絵本
絵がきれい きれいな絵が目を引く絵本
悲しいストーリー きゅっと心が痛む絵本
ミリオンセラー Wikipediaのミリオンセラーの絵本一覧に掲載されている絵本
おすすめ コトーがお気に入りだった絵本
コトー
コトー

この記事は「3歳」くらいに読んでいた(読み聞かせされていた)絵本についてです

スポンサーリンク

サンタさんからきたてがみ

楽しいストーリー おすすめ

◆作品情報
作者:たんのゆきこ
絵:垂石眞子
出版社名:福音館書店
初版:1997年10月

コトー
コトー

絵がとてもかわいいです。
自分宛ての手紙なんじゃないか?とみんなで考えるシーン、ねずみの郵便屋さんのしょんぼりした様子、普段から不思議な存在でならなかったサンタさん(笑)、すべて大好きでした。

スポンサーリンク

ちいさいおうち

絵がきれい ミリオンセラー おすすめ

◆作品情報
文:ばーじにあ・りー・ばーとん
絵:ばーじにあ・りー・ばーとん
訳:いしいももこ
出版社名:岩波書店
初版:1965年12月

コトー
コトー

私自身、お気に入りだった一冊。長く読まれる名作です。
1965年に発行された絵本にもかかわらず、再読しても全く違和感はありません。
文章の周りに描かれた挿絵がとてもきれいです。

スポンサーリンク

きかんしゃやえもん

ミリオンセラー おすすめ

◆作品情報
文:阿川弘之
絵:岡部冬彦
出版社名:岩波書店
初版:1959年12月

コトー
コトー

火事を起こしてしまったきかんしゃのやえもんの焦った表情が印象的でした。
時代背景としては古いかもしれませんが、親子、祖父母世代まで楽しめる絵本です。

スポンサーリンク

ノアのはこぶね

◆作品情報
著:ピーター スピアー
訳:松川 真弓
出版社名:評論社
初版:1986年4月

コトー
コトー

もし自分が生きている世界でも同じようなことが起きてしまったら、自分はどうなってしまうんだろう?と子どもながらに感じた絵本でした。
ノアのはこぶねは様々な出版社から出されているので、好みの絵柄、ストーリーのものを探してみても良いかもしれません。

スポンサーリンク

はらぺこあおむし

ミリオンセラー

◆作品情報
著:エリック=カール
訳:もりひさし
出版社名:偕成社
初版:1976年5月

コトー
コトー

今や、グッズまで登場するほどの人気があるはらぺこあおむし。
カラフルな色合いの絵、穴が開いているのも楽しいです。
私が読んだときにはなかったような気がしますが、今ははらぺこあおむしの歌のCDもあるそうです。

スポンサーリンク

ぼくはあるいた まっすぐまっすぐ

◆作品情報
作者:マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵:林明子
訳:坪井郁美
出版社名:ペンギン社
初版:1984年11月

コトー
コトー

「ぼく」と一緒に散歩しているような、そんな気持ちになれる絵本です。
まっすぐ歩くだけでこんな冒険があるんだなぁ…

スポンサーリンク

かさこじぞう

◆作品情報
文:いわさききょうこ
絵:あらいごろう
出版社名:ポプラ社
初版:1967年5月

コトー
コトー

日本の民話です。
じょいやさじょいやさという掛け声や、餅を搗くときのばったらばったらという合いの手など、表現にリズム感があります。
貧しくても心は豊かでありたいです。

スポンサーリンク

11ぴきのねこ

楽しいストーリー ミリオンセラー おすすめ

◆作品情報
作者:馬場のぼる
文:馬場のぼる
絵:馬場のぼる
出版社名:こぐま社
初版:1967年4月

コトー
コトー

わくわくする大好きな絵本でした。
魚を11匹で分け合うシーンでは、なぜか「しっぽはいやだよ」のセリフにはまり大笑いしていました。
11匹のねこシリーズは6冊出てるので、すべてそろえるのもおすすめです。

スポンサーリンク

いなかのねずみ

◆作品情報
作者:蜂飼 耳
絵: 今井 彩乃
出版社名:岩崎書店

コトー
コトー

幸せの形はひとそれぞれ。
そんなことを考えさせられる絵本です。

スポンサーリンク

おおきな木

おすすめ

◆作品情報
作者:シェル・シルヴァスタイン
訳:ほんだきんいちろう
出版社名:篠崎書林
初版:1976年11月

コトー
コトー

大好きだった絵本TOP5に入る絵本。
「無償の愛」について理解していたかは別として、とても美しい物語だと思います。

スポンサーリンク

かえるのエルタ

おすすめ

◆作品情報
作者:中川李枝子
絵:大村百合子
出版社名:福音館書店
初版:1964年5月

コトー
コトー

ぐりとぐらの作者のファンタジー作品。
かえるのエルタに出会いたいと思ったのを覚えています。
ファンタジーや冒険物語が好きになった原点ともいえる作品です。

スポンサーリンク

こすずめのぼうけん

おすすめ

◆作品情報
作者:ルース・エインズワース
絵:堀内誠一
訳:石井桃子
出版社名:福音館書店
初版:1977年4月

コトー
コトー

飛べるようになったことがうれしくて、パタパタ飛んで行ってしまったこすずめの冒険物語。
私も「ちゅんちゅんちゅんてきり、いえないんです」というセリフが好きでした。

スポンサーリンク

ちびくろ・さんぼ

ミリオンセラー

◆作品情報
作者:ヘレン・バンナーマン
絵:フランク・ドビアス
訳:光吉夏弥
出版社名:瑞雲舎
初版:1953年

コトー
コトー

1953年に岩波文庫から出版され、内容や文章表現に問題があるのでは?という理由で1988年に絶版になりました。
その後2005年に復刻しています。
トラが溶けてバターになるシーンが印象的でした。トラのバターで作ったホットケーキがとても美味しそうです。

スポンサーリンク

まとめ

3歳のころに読んでいた(読み聞かせをされていた)絵本13冊について書きました。
私のお気に入りだった絵本おすすめは以下の6冊です。

もし、どれか一冊選べ!と言われれば、おおきな木を選びます!

正直、子どものころの自分に「自分のすべてを与えるほどの愛」がわかっていたとはいいがたいですが、それでも「おおきな木」の物語がどこか美しいということは感じていました。それと同時に不思議な話だな…とも。

以上、コトーでした!

絵本
スポンサーリンク
この記事が気に入ったらシェアしてね!
コトーをフォローする
そろログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました