レンタカーを500円で スノボの雪焼け対策

【絵本レビュー】6歳頃~に読んでいた絵本とちょっとした感想

スポンサーリンク

そろログの絵本レビュー連載、管理人コトーが6歳くらいに読んでいた絵本と、大人になってもその絵本について覚えていることや当時の感想などをまとめていきます。

この頃買ってもらった絵本は、生と死、人の本質にかかわるものが多かったように思います。

凡例
楽しいストーリー わぁ!と面白い絵本
絵がきれい きれいな絵が目を引く絵本
悲しいストーリー きゅっと心が痛む絵本
ミリオンセラー Wikipediaのミリオンセラーの絵本一覧に掲載されている絵本
おすすめ コトーがお気に入りだった絵本
コトー
コトー

この記事は「6歳」くらいに読んでいた(読み聞かせされていた)絵本についてです

スポンサーリンク

フレデリック―ちょっとかわったのねずみのはなし

絵がきれい

フレデリック―ちょっとかわったのねずみのはなし
好学社
¥1,602(2020/01/18 22:03時点)
仲間の野ねずみたちが、冬に備えて木の実などを貯えているのに、
フレデリックだけはなぜか何もせずに、ぼんやりとしています。
でも長い冬、野ねずみたたちを救ったのはフレデリックでした。
谷川俊太郎の詩的な言葉と、切り絵で表現されたねずみたちが想像を広げてくれます。

◆作品情報
作者:レオ・レオニ
文:レオ・レオニ
絵:文:レオ・レオニ
訳:谷川俊太郎
出版社名:好学社
初版:1969年

コトー
コトー

一見さぼっているようにも見えるフレデリック。
光や色をあげるシーンは心がほっこり温かくなります。
もう少し幼いころから家にはこの絵本がありましたが、6歳くらいになってやっと好きになりました。

スポンサーリンク

スイミー―ちいさなかしこいさかなのはなし

絵がきれい

スイミー―ちいさなかしこいさかなのはなし
好学社
¥1,602(2020/01/18 22:03時点)
小さな黒い魚スイミーは、兄弟みんながおおきな魚にのまれ、ひとりぼっちに。海を旅するうちに、さまざまなすばらしいものを見ます。そして、再び、大きな魚に出会いますが…。世界中で翻訳され、日本でもロングセラーを記録しているレオ=レオニの代表作です。

◆作品情報
作者:レオ・レオニ
文:レオ・レオニ
絵:文:レオ・レオニ
訳:谷川俊太郎
出版社名:好学社
初版:1969年

コトー
コトー

小学生の時の国語の教科書にも載っていました。
読み返すと当時感じた感想とはまた違った気持ちになります。

スポンサーリンク

葉っぱのフレディ

ミリオンセラー

葉っぱのフレディ―いのちの旅
童話屋
¥1,650(2020/01/18 22:03時点)
この絵本を、自分の力で「考える」ことをはじめた日本の子どもと、子どもの心をもった大人たちに贈ります。わたしたちはどこから来て、どこへ行くのだろう。生きるとはどういうことだろう。死とは何だろう。人は生きているかぎりこうした問いを問いつづけます。この絵本が自分の人生を「考える」きっかけになることを祈ります。本書は、アメリカの著名な哲学者レオ・バスカーリア博士が「いのち」について子どもたちに書いた生涯でただ一冊の絵本です。

◆作品情報
作者:レオ・バスカーリア
訳:みらいなな
出版社名:童話屋
初版:1998年10月

コトー
コトー

秋になるとこの本を思い出します。
最後に残ったあの一枚の枯葉がフレディだとしたら、と考えると涙が出そうになります。
子どものころはよくわからない本でしたが、心には深く刻まれていたようです。

スポンサーリンク

子うさぎましろのお話

子うさぎましろのお話 (おはなし名作絵本 3)
ポプラ社
¥1,100(2020/01/18 22:03時点)
サンタクロースからもらったおかしを食べてしまった子うさぎのましろは、またほしくなってもらいにいくのですが……。

◆作品情報
文:佐々木たづ
絵:三好硯也
出版社名:ポプラ社
初版:1970年1月

コトー
コトー

真っ白なウサギの「ましろ」が体に炭を塗って黒ウサギになりすまし、サンタさんに2つ目のプレゼントをもらいに行くお話。
子どものころは「サンタさんだまされてる…」と思ってしまいましたが、今読むと知らないふりをしてくれているんですね。
大人の在り方も考えさせられる絵本です。

スポンサーリンク

ふたりはともだち

ふたりはともだち (ミセスこどもの本)
文化出版局
¥1,045(2020/01/18 22:03時点)
仲よしのがまくんとかえるくんを主人公にしたユーモラスな友情物語を5編収録。読みきかせにもふさわしいローベルの傑作です。小学校の教科書に採用されています。

◆作品情報
作者:アーノルド・ローベル
絵:三木 卓
出版社名:文化出版局
初版:1972年11月

コトー
コトー

小学校の教科書にも掲載されています。
がまくんとかえるくんのお話です。
友達ってなんだろう?と考えさせられます。(転校の多かった私には特に…)

スポンサーリンク

まとめ

6歳のころに読んでいた絵本5冊について書きました。

小学生になると、文庫本サイズの本を読むようになっていたので、あまり絵本は買ってもらっていませんでした。
とはいえ、この頃の絵本は考えさせられるものが多く、大人になった今これらの絵本を読み返すと「当時思っていたことも、あながち間違っていないな」なんて思ったりします。

以上、コトーでした!

絵本
スポンサーリンク
この記事が気に入ったらシェアしてね!
コトーをフォローする
そろログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました